皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です。

人間が一脚を持って移動して360度動画撮影することによる大きな問題は2点あります。

1つ目
人間の視点より高くなってしまうこと
一脚を抱えて移動するのでカメラは自分の頭上に来てしまいます。
僕の身長が178センチなのでどうしても2メートル近くなってしまいます。
いろいろなかたに映像を見ていただいていますが多くいただく意見でちょっと視点より高くて飛んでいるみたいだということ。
リアリティを追求するにはやはりある程度慣れている視点からの撮影は鍵になります。

2つ目
歩行による振動制御。
人間が持って歩くので当然揺れます。
自分が意図しない方向に映像が動くとVR酔いを起こしてしまう可能性が高いです。
実際に僕もテストでいろいろ撮った時に揺れた映像を見て酔いました。
初めて体験するかたが多いのでこの酔いがトラウマになってしまうと抵抗感を覚える人が出るでしょう。

なんとかこの課題を解決できないかと考えていましたらこんな素晴らしいものが。

dolly1_small

株式会社キッズプレート様とラジオコントロールモデルの老舗京商株式会社様が開発したDolly360です。
ラジコンの上に一脚がついています。
振動を抑制するためのサスペンションも装備。

mecha
やはり老舗のラジコンメーカーである京商株式会社様との開発なのでラジコン周りのチューニングも安心です。

これがあれば最初にあげた2つの問題を一発で解決できます。
ちょっとした障害物なら乗り越えて走ることも可能です。
速度も低速で走らせることができます。
今日撮影させていただいた動画をこちらで限定公開します。

キッズプレート様の動画はこちら

10月頭頃から注文受付になるそうです。
詳細は株式会社キッズプレート様のほうに掲載されると思うので撮影業者の皆様は注目です。
www.kidsplates.jp/

明日も1日頑張りましょう、