皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

今日は機材を運ぶためにカーシェアリングで車を借りました。
短時間でパッと借りることができて便利ですね。
機材運ぶ時くらいしか車に乗らないので維持費もかからず助かっております。
カーシェアリングってなんぞ?というかたに説明しますと駐車場にレンタルする車が置いてあってそれを時間貸ししてくれるサービスです。
僕の使っているのは15分単位で借りれるので数時間程度ならレンタカーで借りるより安いです。

そんな便利なカーシェアリングで事件が。

機材も運んで返却しようと駐車場に移動。
そしたらカーシェアリング用の駐車スペースに普通の自動車が止まっていて返却ができないという。
カーシェアリング用のところには間違えないように立て看板みたいのがあるのですがなぜかそこの駐車場は床面にブロックみたいのがあるだけ。
乗る人にとってはいちいち看板を移動しなくていいから楽だよねと一緒にいた人と言っていました。

「でもこれって間違えて車止まるんじゃない?」

そんな話をしながら車に乗っていたらまさかのこの状態。
とりあえずサポートに電話したら同じ駐車場の他のところに止めてくれとのこと。
しかしそこは満車。
どこでもいいから停めてくださいと言われる。
駐車場を探してまた車を走らせる。
結構なタイムロスでした。
夜にまたその車を借りる予定だったのですが結局止まっている車がいつ出るかわからないので停めた駐車場から出てくれとのこと。
夜返す時は問題なくあいていましたとさ。

いやはや看板ないとこういうことがよく起きているのではないかと思うのでした。
しかしあの間違えて駐車した車は後からどれくらい請求されるのか。
カーナンバーとか押さえているから所有者は特定できると思うけど。
やっぱり打ち切りなのかな?
上限あった駐車場か覚えていないけど。

そんな珍しい話だったのでした。
いや案外あるのかもしれないですが。

明日も1日頑張りましょう、

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう