皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

Facebookが無料公開しているFB360 Spatial Workstationのプラグイン「AUDIO360SPATIALISER」が次期バージョンで自動トラッキングに対応します。
動いている対象物を囲うだけで自動でパンニングを設定してくれます。
動いているものに対してモノ音声を割り当てる時に手動で頑張って音源位置を動かさなくてもよくなりそうです。
音源からの距離だけは調整しないといけないですが作業量が少し楽になりそうです。

現在、SNSに対応されている空間音声は4チャンネルのAmnbix 1st orderが主流です。
2nd order 9チャンネルも出てきているので今後どう対応していくかですね。
映像コンテンツもマルチチャンネルオーディオは当たり前になってきそうです。
プレイヤー側も徐々に対応してくると思うのでストーリー物やライブでは大きく活躍すると思います。

明日も一日頑張りましょう、


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう