皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

Insta360 Pro最新ファームv157が昨日リリースされました。
今回紹介するのは音声周りのアップデート2点です。

1.内蔵マイクと3.5mm inputでオーディオゲインを調整可能に。
2.USBマイクが対応

デフォルト内蔵マイクのゲインがだいぶ小さいというのが言われていましたので改善。
iOSアプリ側に-30〜30までのバーがついています。

掲載時にはPCとMacのコントロールアプリのアップデートがきていないので現状iOSでしか調節できません。
-30〜30ですと単位がないのでどれくらい変わるのか試してみました。
内蔵マイクでおおよそ−10db〜+10dbくらいの幅でした。
3.5ミリジャックに送ってもテスト。
音源を-20dbで送ってアプリ側で-30にしても映像データが0dbふれているくらいなので結構大きいのです。

USBマイクはZOOMのH2nでテストしてみました。
こちらは問題なく使えました。
外付けマイクなので非常にクリアです。

Audio gainの調節がついたのですが入力がどれくらいなのかがわからないので調節が難しいと思います。
HDMIの外付けモニターでオーディオメーターがあれば見れるかもです(HDMIのモニターでテストしていないのでどれくらいで送られるのかがわからないですが)
ミキサーからのLINE送りで送られる音量がある程度決まっていたりすると3.5ミリでいれるのもよいかもしれないです。
ライブみたいな一発ものでしたらUSBで外付けマイクで録って、別録りの音をあとであわせてもいいんじゃないかと思います。
3.5ミリだとミキサーやマルチから引き回して抜けたりも怖いですし(設置環境によりますが)
カメラ側で音声をモニターできないので音入っているかがHDMI経由(僕がテストしていないので出るのかわからないですが)かSDに入っているデータで見るかしかわからないのですよね。
まぁほとんど別音声とのあわせのためのガイドになると思うので厳密なことは言わないかもしれないですが。

あと、テストしていて見つけた不明点が2つ。

カメラ側のFanをオフにしても何故か録画開始しても止まらない。
前のバージョンですとオフにすれば録画押すと止まったのですがなぜか止まらないです。
Fanは結構言われている問題なのですぐ修正はいるかと(ただ僕の環境だけなのかもしれないですが)

アプリ側にマイクのオフとNormalとSpatial Audioというのが選べるようになったのですがこっち側で選択しても本体側が変わらない。
アプリと本体のどっちが正しいのかを検証できていないのですがとにかく変わらないです(推測ですと本体が正しいのではないかなと思うのですが)
便利ーと思ったのですがこれは修正を待ちましょう。

全体的に僕の検証でわかったところなので全員に当てはまるかはわからないですが参考までに。
はやくステッチャーの出力でSpatial Audio対応しないかと待っているのでした。

明日も一日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
VALU→https://valu.is/masatosama
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう