皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

Blackmagic Designのビデオ編集ソフトDaVinci Resolve14が正式リリースされました。
14からはFairlightがはいって音声周りの編集も大幅に強化されました。
カラーグレーディングソフトという印象が業界内では強いかもしれないですが編集もバッチリできますよ。

軽く触ってみましたがとてもわかりやすいです。
今まで他の編集ソフトを使っていた方はもちろん、はじめての人でもとっかかりやすい見た目になっていると思います。
大画面での作業はもちろん、ラップトップでもパラメータ設定の取り回しがいいような設計になっているので画面を広く使えてよさそうです。
なんとこのソフトのすごいのはこれだけいろいろできるのに無償なのです。
有償版もあるのですが違いはグレーディング時のノイズリダクションやHDR編集対応機能の有無、タイムラインの最大解像度が3840×2160まで、GH5の4K/10bit非対応でエフェクの数が少ないというところくらいです。
そんなに凝った編集や高解像度の編集でなければ無償版でも全然問題ないです。
いやはやこれが無償とは驚きです。

専用コントローラーも発売されていますのでそちらを使うとより素早く直感的に作業できます。
以前体験させていただいたのですが非常に使いやすくてちょっと欲しくなりました。
サイズも作業環境にあわせて3つありますのでヘビーユーザーにはオススメです。

今月発売のビデオサロン9月号でもかなりわかりやすく解説されています。

こちらを見ながらやれば基本動作は問題なくできるようになると思います。
これから編集始めるというかたでもとりあえずダウンロードしていじることができるのは嬉しいですよね。
VR製作者としてはそのあたりを対応してくれるようになったら嬉しいなと思うのでした。

明日も一日頑張りましょう、


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう