皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

IntelとAMD両者マルチコアCPUをリリースしてきました。
Intelは今後更にハイエンドモデルを控えていますがPremiere Proでの現状比較をしているサイトを見つけたので貼っておきます。
参考サイトはこちら

VRに8Kと高負荷処理が要求されてきていますがパーツもいろいろお金をかけるところが多いので優先順位を考えないとですよね。
もちろん全部盛できるならそれに越したことはないですがその他でもコストがかかる所が多いですし。

今回比較で出てきているCPUはこちら

Intel
Core i7 7800X
Core i7 7820X
Core i7 7900X
Core i7 7920X

AMD
Threadripper 1920X
Threadripper 1950X

価格は4万円台〜14万近くと幅は広いです。

結論から先に書きますとCPUは7820Xでその他GPUやメディアにコストを振ったほうがいいのかなという感じでした。
新しいCPUが出るたびにここの比較を見ているとPremiere Proはシングルコアのスピードがあるほうが安定した数字が出しやすい感じはするのですよね。
もちろんレンダリングの速度は上位のほうが早いのですが最大で9%くらいの差。
書き出しは放置するしかないので結局作業中にどれだけ快適かを重視したほうがフラストレーションはたまりにくいのかなという気がします。

データが必然的に大きくなるのでメディアも積み重なるとコストが大きいです。
一度にいくつかのプロジェクトが重なると作業SSDに入っているデータの量が膨大なのですよね。
この辺のコストを価格に反映させないとメディアにお金を持っていかれてしまいます。

7920Xも数字は高いのですが熱がすごいみたいなのでその辺の安定性が長時間作業でどう出てくるかですよね。
サイトの最後にも書いてありますがやはりIntelのほうがよさそうな感じはあります。
恐らくIntel主流なのでAdobeもそっちで最適化されているのでしょうか。
もちろんCPUの細かいところに違いがあるので詳しくはわからないですが。
単純に数値だけで測る所ができない部分も多いのでお財布と相談ですよね。
各々の作業内容によるところもあるのでバランスのよいところを考えたいです。

そろそろマシンを買い替えたいなぁと思うのでした。

明日も一日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
VALU→https://valu.is/masatosama
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう