皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

先日のAdobeの大幅アップデートはパソコン用だけではなくAndroidとiOS用も行われております。
今回紹介するのはAdobe Captureの中にあるフォント検索機能です。
やり方は動画でまとめました。

このアプリは自分で書いたイラストをカメラでスキャンしてIllustratorやPhotoshopに持っていったり、写真の色からカラーテーマをつくったり等、現実にあるものを素早くPC作業に取り込むことのできるものです。
今回のアップデートで欧文フォントを画像から解析してType Kit内にある近いものを表示してくれる機能が追加されました。
これが結構正確で、雰囲気はほぼピッタリ教えてくれます。
身近にあるいいなと思うフォントを記録しておくとうまく自分のデザインに組み込めそうですね。
アプリ自体も無料ですし、CCユーザーはいつも使っているソフトのウィンドウ内のライブラリにすぐ同期されるので簡単に使えます。
これはまだ使ったことないというかたはもったいないですね。
フォント検索以外もかなり使えるので是非体験していただきたいと思います。
Adobe Captureオフィシャルサイトはこちらから。

明日も一日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
VALU→https://valu.is/masatosama
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう