皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤と申します

Premiere Proも2019になりアップデートして使っております。
業務的には180度VRに対応してくれたことが嬉しいです。
いろいろ使っていて遭遇したエラーっぽいのを書こうと思います。
撮影した素材はZ CAM K1 ProとInsta360 Proです。
スティッチは各社が提供しているものを使用しました。

スティッチの書き出しをH265で行なっていたのですが、ファイル自体は問題ないのにシーケンスに置くと動画がうまく再生されませんでした。
とあるフレームでカクカクと止まっている状態。
ただプロキシのほうは問題なくて、それでずーっと編集していたので書き出すまで気がつかなかったのです。
最終的に書き出そうとしたらうまく再生されないのでエンコードした後ももちろんちゃんと動かない。
いろいろ試行錯誤をした結果、H264で書き出したら問題なく動きました。
ただ、H265でも問題ないファイルもあるので原因が不明です。
エラーが起きて、スティッチで書き出しなおしたらなおった例もありました。
とりあえず問題なく使えてよかったです。

メディアエンコーダーがプロキシつくっている間に落ちたり、キュー送って書き出ししていたら途中で止まったり、プレビューがうまく表示されなくて再起動したりなど……
編集作業というよりかはそういったエラーで手間取った感はあったのでした。
でも180度VRに対応してくれたお陰でエフェクトやプレビュー等も助かりました。
まだ忙しくて2019の新機能も試し切れていないですが早い所勉強したいものです。

明日も1日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
pixiv FANBOX→https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3577726
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう