人間の視界は見ているようで実は見えていない部分が多いです。
意識して見ると自分が注視している部分以外は結構ぼやっとしています。
VR映像は画面と視界の距離が近いせいか全体がはっきりと見えてしまいます。
そこが通常視界と違い、脳が違和感を覚えて酔いにつながるという情報も出ています。
つまり視線のところだけ高解像度になってその他が低解像度になればよいということです。
そうすればPCの負荷も少し下がります。
ただ視線と解像度のブレが生じるとやっぱり違和感が出て酔いにつながる。
視線のトラッキング精度をあげなければいけないわけです。
VRはヘッドマウントディスプレイを使用するので装着位置や視界のレンズ位置で見え方は大きく変わります。
そこが難しいところらしいです。
アイトラッキング技術はインタラクティブ性向上のためには必要不可欠です。
今で言うと視線をポインタ代わりにしてメニュー選択をするとかある一点を見つめるとテロップが出てくるとか。
コントローラーを使わなくても操作ができるのは手軽ですからね。
このあたりの技術進歩にも注目ですね。