皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

今週発売されましたV6のニューシングルのオムニセブン限定版にVRゴーグルがつくということで買ってみました。

CDのパッケージ内にゴーグルが折りたたまれて収納されています。

抱かれる!との迫力という噂のVR、果たしてどのようなものか。
スマプラVRというアプリを使用して視聴します。
アプリをダウンロードしてweb上で会員登録をして視聴したい映像を選ぶとPINコードの入力が出ます。
CDの中にはいっている番号を入力するとアプリのほうに移動してダウンロードが開始。
今回はCD収録曲から2曲、Can’t Get Enoughと足跡の映像が見れます。
早速付属のゴーグルで視聴開始。

「おぉ……」

Can’t Get Enoughは目の前でダンスをしているV6が。
180度の範囲で踊っていますが後ろに回り込まないので見やすいです。
好きな担当を目で追いかける楽しみもありますね。

足跡
レコーディングしている様子を隣で見ることができます。
レコーディング風景をこういう形で見ることができるというのはこれまたファンにとってはうれしいですね。

総じて言えるのは視線があう感覚が通常の映像より大きいということです。
その昔、ライブのVRって観客との一体感とか言われていましたが見たいアーティストは小さくなるしどういう利点があるのだろうかと思った時がありました。
しかし実際に見た時にこの視線があうという感覚を知りこれは新体験だと驚いたのは今でも覚えています。

V6以外にもこのスマプラVRではVRで見れるPVというのが出ています。
こういう形でCDに付属したりするものが増えてくるかもしれないですね。
きっとこれで初めてVR体験をしたというかたも多いと思います。
いろんな層に体験していただけるキッカケがうまれるのはよいことですね。

明日も一日頑張りましょう、

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう