皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

2週間ほど前にリリースされたAutopano VideoProのバージョン3のαバージョン。
以前こちらのブログでも紹介しましたね。
目玉機能であるオプティカルフロースティッチD.WARPのお話をしたのですが実際どうなのよというのを試してみました。
試した動画あげるとか言っていていたのですがいろいろしていたらα2バージョンがリリースしてしまいました。
撮った時はαバージョンです。
出た時にすぐ撮っていたのですけれどね。
映像は撮って出しで色もスティッチの調整もしていません。
無駄に空間音声です。

いかがでしたでしょうか。
切り替えのところで止めていただけると結構違いがわかるかもですね。
細かいところを言うともちろんあれですがパソコンに任せただけでこれだけ出てくるのは優秀かと思います。
ただ解析に時間がかかるのはやはりなかなかイケていないところ。
もちろんパソコンのスペックにもよるところはあると思いますが20フレーム解析するのに1分くらいかかりました。
撮影時間が長いと以前も話した通り平気で2日かかります。
この間2日放置してみたらプロジェクトファイルが壊れて開きませんでした。
悲しすぎる。
指定した範囲だけ処理してくれるとかあったらよいのですけどね。
このあたりは製品版で変わるのでしょうか。

検証用でYouTubeチャンネルを別にしたのでチャンネル登録していただけたら喜びます。
小ネタをたまに挙げれればと考えております。

明日も一日頑張りましょう、

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう