皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

ついにInsta360 Proが到着しました!

初対面から4ヶ月ちょっと。
発表された時に
「まぁスペックとか機能とか価格とかすごいけど実際見てみないとねぇ……」
と思い実機を今年2月に見せていただいたらすごくないかこれはと思い速攻で予約したのです。
VRカメラ業界全体がいつ出るんだいつ出るんだとヤキモキするくらいの注目カメラです。
初期ロットが世界で300台のうちの1台です。

2Dが8K、3Dが6Kまで撮影可能。
スマートフォンやタブレット、PCからリアルタイムでプレビュー可能。
スタビライザー機能搭載で揺れ補正。
静止画はリアルタイムオプティカルフロー処理。
360度ライブ配信可能。

などなど現場で欲しかったすべての機能が搭載された本機。
早速いろいろ検証しまして気づいたことをメモ程度で書いておこうと思います。
条件や仕様、設定に問題がある可能性があるので触ってみて起こったことくらいに取っていただければ。

静止画のオプティカルフロー処理済み画像にはメタデータがついていない
静止画はオプティカルフローですぐ書き出しが可能ですが書き出されたファイルにメタデータはついていなくてそのままFacebookにアップしても360度表示されません。ステッチャーを使ってつなげてあげればできました。
スマホで操作すればスマホのカメラロールに画像が移せます。
iPhoneに移してFacebookにアップしてみましたがやはり360度と認識しませんでした。
まぁProはSNSに手軽にアップするスタイルでもないのであれですが見つけたので書いておきました。

VRビューモードがうまく表示されない場面がある
HDRモードでVRビューモードを押すとアプリが真っ暗のまま動かなくなります。
後、録画中にVRモードにしても真っ暗でした。モードによっての条件はあるのかもしれないですが。
アプリが動かなくなっても録画は続いていました。

50秒くらいのデータをステッチャーで処理していたらステッチャーソフトが落ちた
書き出し設定によるところもあるのかもしれないですが。
どうであれ落ちる条件があるかもしれないですね。
長尺で1日放置していて最後の最後で落ちるとかいう発狂があったらいやですね。(実際94%で落ちました)
今のところそれ一回だけなので何か他の要因があったのかもしれないですが……

iPadから接続しようとしたらうまく繋がらない
もともとiPhoneアプリの仕様なのでなにかあるのかもしれないです。
iPhoneのAPモードはうまく繋がりました。通常撮影はかさばらないからこれがよさそう。

キャリブレーションしなかったからなのか謎のスティッチライン発生
動画のスティッチ書き出しのテストをしていたら謎のスティッチラインが発生。

その後、同じ位置あたりで再度撮影してみたのですが特に現れず。
もしかしたら撮影前にキャリブレーションをしなかったからの可能性が。
原因不明です。

とりあえずこのくらいです。
業務的に支障ありそうなのはステッチャーソフトが落ちたくらいですか。
ココらへんは正直発生原因謎ですが。
繰り返し検証しなかったのでわかりませんがとりあえずそんなことがありました程度。
カメラ自体は今現在は問題なく作動しています。
基本的な操作等はまたどこかでまとめられればと思います。
安定して動くのであればもう一台欲しいくらいですね。
2017年の撮影のスタイルが業界的にも変わる1台だなということは感じました。
カメラの進化がかなりの速度で進み、ヘッドマウントディスプレイ等の周辺が追いつかない状態になりました。
8K3Dがスムーズに見れる時代はいつくるのか。
とても楽しみです。

明日も一日頑張りましょう、


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう