皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

360度動画に対応している編集ソフト「PowerDirector」が16にバージョンアップします。
15から360度動画には対応していますが今回バージョンアップにあたり機能追加があります。

リトルプラネット

動画のリトルプラネット表示に対応しました。
通常の映像に組み込むのにも使えそうですね。

360度用タイトル

前モードではタイトルが歪んでしまいましたが16からはまっすぐに表示されます。
Premiere Proでも最近標準化されたので対応が早いですよね。
テキストはよく使うと思うので朗報ですね。

360度動画手ぶれ補正

揺れ補正がついているカメラも増えてきていますがないのもまだまだあります。
揺れるとゴーグル等で見ると気持ち悪くなってしまうので標準でついてくれるのはありがたいですね。
移動しながらの撮影もこれでバッチリです。

新機能は以上です。
この価格帯のソフトでここまでできれば普通に使えますね。
ソフトもかなりわかりやすいので360度カメラで撮った映像を編集したいという人にはオススメです。
発売は10月中旬を予定されています。

明日も一日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
VALU→https://valu.is/masatosama
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう