皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

今回は先週に引き続きInsta360 ProとGoPro OMNIの比較撮影編です。
前回の準備編の動画はこちら

今回も動画にまとめましたのでこちらをご覧ください。

Insta360 ProはInsta360 Stitcherで、GoPro OMNIはAutopano Video3でスティッチしました。
基本オートにできるところはオートにして撮影しております。

2台とも使っていたのでなんとなくわかってはいましたがOMNIのほうがダイナミクスレンジが広いですね。
晴れた空がしっかりと映ります。
Insta360 Proも各レンズで露出を自動調節してスティッチ時に全体のバランス揃えるみたいのがあるのですがたまにうまく繋がらない時があるのですよね。
シチュエーションとかにもよるのかもしれないですが。
GoPro Hero4ですがProTuneは優秀だなという感じです。
カラーグレーディングすればしっかり色がのってくれます。

スティッチだけ言えばInsta360 Pro Stitcherのほうが切れている感じは少ないです。
ただオプティカルフロー特有の歪みはシチュエーションによって目立ってしまいます。
そのあたりは仕方がないのかもしれないですね。

Autopano Video3から導入されたD.WARPが動いている被写体のほうをキレイにあわせようとするので動いている物体がカメラの境目を超えると背景が少し歪みます。
動画では言わなかったですがInsta360 Proの動画をAutopano Video3のD.WARPで繋げると1レンズに被写体がうまく撮られられていれば結構近距離もうまくいきます。
視差の問題なので仕方がないところですがシチュエーションに応じてカメラ等は使い分ける必要があるのは従来通りなのかなという感じがしますね。

機動性だけでいえば明らかにinsta360 Proのほうがよいのでバシバシと撮影していくならInsta360 Proですね。
3Dも撮れますし。
Insta360 ProのリリースでOMNIの存在意義もどうなのかなと思っていましたが絵だけで見るとなかなかやることが発覚したのでもう少し頑張ってもらおうかなと思うのでした。

明日も一日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
VALU→https://valu.is/masatosama
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう