皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

昨日9月1日、原宿にて株式会社ハコスコ様主催のInsta360 ONE体験会&即売会に行ってきました。

早速ゲットしました。
イベントではInsta360 ONEの紹介、Insta360シリーズを製造しておりますShenzhen Arashi Vision Co., Ltd のCEO Jingkang Liuから日本語でメッセージもありました。

早速今回の目玉の一つでありますバレットタイム撮影がいたるところで行われていました。

イベント中に開封しなかったので帰宅して早速開封して遊んでみました。

バレットタイム

デフォルトですと一度iPhoneと接続して設定内からモード変更をする必要があります。

下の設定内から三回タップ設定を選ぶ。

バレットタイムを選択。

これで設定は完了です。
後は本体横のボタンを押して電源を起動した後に3回ボタンを続けて押すとバレットタイムモードになります。
詳しいやりかたは動画がオフィシャルでもアップされているのでこちらをご覧ください。

パッケージに紐が入っているのですが縛り方が出荷時に誤ったようで(イベント情報)縛り直してくださいとのことです。
紐ですとスピードを出さないとキレイに回らないので自撮り棒の先につけるほうがキレイに撮れそうです(僕は昨日自撮り棒でやってみました)

ライブ配信

このあたりはパッと見た感じの使用感はNanoと同じです。
配信中のプレビューで指を使って画面を動かそうとしても若干反応が鈍かったです。
Insta360のCEOも見て下さったみたいでコメントいただきました。
ちょっと問題があるところもあるようです。
このあたりはファームのアップデートで変わると思うので待ちましょう。
iPhone6でテストしましたが1280Pが上限でした。
iPhone7だと4K配信できるとの情報でしたが果たしてどうなのでしょうか。
iPhone7使っているかたでテストしてみたいです。

イベント終わりで遅かったので動画と静止画は軽く撮っただけです。
本体にジャイロが入っているお陰で写真や動画が傾かないのがいいですね。
NanoとAirもスマホのジャイロを使って補正をかけていましたがスマホにつけないといけないのはちょっと面倒な時もありました。
本体だけでサクッととれるのは嬉しいです。
本体だけのオートでも映像はキレイでした。
この辺りは今度ちゃんとした比較をアップしようと思います。

Insta360シリーズ勢揃い!#insta360 #insta360pro #insta360air #insta360nano #insta360one

近藤将人さん(@geeeen_masato)がシェアした投稿 –

せっかくの勢揃いなので各カメラで比較するのもおもしろいですね。
Insta360シリーズはファームウェアでどんどん新しくなっていくので今後も注目です。
もちろんこちらでも相変わらずの細かいネタを小出ししていく予定なのでよろしくお願いします。

イベントの時に会う人から新たな繋がりから情報を得たりと充実なイベントでした。
持っている人同士でつながれていろいろおもしろいことができるとよいですよね。

明日も一日頑張りましょう、


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう