皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

今週は解説動画です。
ZOOM H3-VRで収録した360度音声をYouTubeに投稿する方法をご紹介。

開封動画はしましたがいろいろやっていて解説が遅れるという。

作成した参考例も限定公開でアップしました。
ヘッドホンでご確認ください。

マイクとレコーダーがついて非常にお安いのでとりあえずやってみようというかたにはおすすめの1台です。
今回はAmbisonic界隈でいうシーンベース(空間全体を収録したものを映像とあわせる)でしたので重ねるだけです。
個別に収録した音(今回の参考例で言えば人が喋っている音みたいなもの)を映像に合わせてパンニングしていったりしようとするとPremiere Proでやるには難しいです。
別途、プラグインやソフトで作業していく必要があります。
シーンベースですと全体収録するのでリアルなまとまりは出るのですが、映像的に特定の音をたたせるとかはできません。
しっかりやろうとするとこの辺りも奥深いですがこの辺りも情報が少ないところです。
この辺りも解説していきたいなと思うのでした。
いきなり深掘りしていくとただでさえニッチエリアだと思うのでまずはライトな誰でも取り掛かりやすいところからの解説でした。

今週の裏話はpixivFANBOXにて公開。
www.pixiv.net/fanbox/creator/3577726
音周りのVRでいろいろやっていくのに何があったらいいのかという機材的なお話していきます。
映像系のかたには馴染みが薄いかもしれないので参考になれば。

明日も1日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
pixiv FANBOX→https://www.pixiv.net/fanbox/creator/3577726
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう