皆さんこんばんは。VR映像制作合同会社ジーンの近藤将人です

パナソニックの一眼カメラGH5の最新ファームウェア2.0が本日リリースされました。
大幅にアップデートがされているのでいくつか取り上げてご紹介。
全アップデートの詳細はこちらに掲載されています。

PCソフト「LUMIX Tether」に対応
GH5とパソコンをUSBで接続することでパソコンから制御することができるようになりました。
大型のモニターで確認できるのでスタジオなどでの撮影現場でも重宝しますね。

ALL-I動画記録モードを追加
4KとFHDの撮影で「4:2:2 10bit ALL-I記録」を追加されました。1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式なので、ノンリニア編集に最適です。

4KHDR撮影が可能に
4Kでのハイダイナミックレンジ撮影が可能になり、暗い所や明るいところでの黒つぶれや白飛びが抑えられるようになりました。

アナモフィック動画記録モードの強化
有効画素数約18メガの4:3画角で動画撮影できる「高解像アナモフィックモード」を追加されました。
アナモフィックレンズを使用すれば高精細な画質をそのままに美しいシネマスコープサイズの映像として残すことができます。

大きな機能としては以上です。
細かい基本機能ではオートフォーカスの追従速度の強化や6K/4Kフォト性能の強化、ボディ内手ブレ補正の強化がされています。

早速アップデートしてとりあえず気になっていたオートフォーカスの制度を確認。
結構よくなっていました。
瞬間的に引きにあわせた状態から物とかをカメラ前に出すと少し時間かかりますが普通によっていくくらいでしたらうまく追いかけてくれます。

いつもアップしているYouTube撮影ですとデータと処理が大きくなるので抑えめにしているのですがフルパワーでいろいろ試してみたいですね。
皆さん期待のバージョンアップなのでお持ちの方は是非アップデートしてみましょう。

明日も一日頑張りましょう、

Twitter→@geeeen_masato
Instagram→geeeen_masato
VALU→https://valu.is/masatosama
↓YouTubeチャンネル:毎週金曜日更新



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう